• 無料ご相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

所長の部屋

2011年6月 9日 木曜日

日本が好きなんです

先日の最高裁で、「君が代」を学校の行事で歌わなかった教師について、東京都が懲戒処分をしたことは違法性がない旨の判決がありました。

そこで素朴な疑問なのですが、日本においては、国旗と国歌を敬うことについて、なぜ反対意見があるのでしょうか。

オリンピックやワールドカップサッカーのときの「君が代」斉唱や「ニッポン」コールのときに、観衆の日本人でブーイングをしている人はいないですよね(しかし、残念ながら一部の他国からはありますけど。)。

もちろん、いろんな意見があっていいと思います。民主主義なんですから。

でも、日本の国旗と国歌を敬うことができなくて、どうして他国を敬うことができるのでしょうか。

もしそれでも、他国を敬うことができるのでしたら、それは、単純に日本より他国が大切とういうことですよね。

これって国益、つまり私たちの日本国民の利益が著しく損なわれないでしょうか。

「日本が好きだから、今の日本の社会や政治を変える。」
「日本が嫌いだから、今の日本の社会や政治を変える。」

似たような言い方ですが、大きく意味は違います。

前者は、健全な社会のあり方ですよね。
後者は、日本転覆です。

国旗や、国歌を尊重できなくて政治家や公務員をやられている方は、日本をどうされるおつもりか・・・

テレビや新聞ではなく、インターネットから広く情報を集めると真実が見えたりします。


自国を尊重して、他国も尊重。大切なことです。

私は、日本が好きです。だって自分が生まれた国ですからhappy01


司法書士塩﨑事務所|登記、横浜地方法務局前、
みなさまに信頼される町の法律家を目指しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所

司法書士塩﨑事務所
横浜市中区本町6丁目52番地
本町アンバービル6階