• 無料ご相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

所長の部屋

2011年6月20日 月曜日

韓国に仮設住宅発注 韓国の経済効果1兆ウォン

今朝、ネットでこんな見出しのニュースを見ました。

http://www.youtube.com/watch?v=zofgAqM4FIs

被災地の仮設住宅の建設を、日本の企業ではなく、韓国の企業へ発注しているのです。

一瞬目を疑いました。当然、日本から韓国へ多額のお金と雇用が流れる話です。

日本に、会社もなく資材もないのであれば、韓国に発注するのも分るのですが、日本には多くの優秀な会社もあれば資材もあります。
それよりも、不景気で仕事がない会社が多く、雇用も悪化、明日の仕事もない方も多くいらっしゃいます。

日本の経済復興を考えるのであれば、まず日本の会社に仮設住宅の発注するべきことは、中学生でも分かります。

そしてなにより、日本のマスコミは何故、この重大な事実を報道しないのでしょうか?


司法書士塩﨑事務所|登記、横浜地方法務局前、
みなさまに信頼される町の法律家を目指しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所

司法書士塩﨑事務所
横浜市中区本町6丁目52番地
本町アンバービル6階