• 無料ご相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

所長の部屋

2011年9月21日 水曜日

許されるのか 税債権

国民健康保険料が支払えない場合や、その他の税金が支払えない場合はどうすればいいのでしょうか。

実際のところ、支払えないものは支払えないという事実を踏まえて、毅然として、担当者と交渉するしかありません。

しかし、担当者の中には、「他から借金してでも支払え。」とか、月に1万円しか返せないと言っても「月2万円返済しなさい。」としか言わない場合とか、こちらがいくら事情を言っても聞いてくれない場合が多々あります。

「生命保険の受取人を市にすれば条件を飲む。」と言った話もあるそうです。

確かに、各行政の財政は悪化しており、それぞれの事情もあるかと思いますが、それはあくまでも許される範囲でやるべきであると思います。

悩ましい問題ではありますが、担当者とはしっかりと交渉して、くれぐれも、他の業者から借りてきて税金を支払うことなんて無い様にしてください。

税債権の支払等で困ったときは、お一人で悩まれないで、いつでもご相談下さい。


司法書士塩﨑事務所|登記、横浜地方法務局前、
みなさまに信頼される町の法律家を目指しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所

司法書士塩﨑事務所
横浜市中区本町6丁目52番地
本町アンバービル6階