• 無料ご相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

所長の部屋

2011年10月28日 金曜日

詐欺師との対決(長編その1)

先日、那須塩原に土地をもっている横浜市在住の依頼者の方から相談を受けました。

聞くと、都内の不動産業者から「あなたの土地を買いたいという方がいます。」という内容の電話があり、売買代金も相場より高かったので話を前向きに進めていくと、不動産業者から「土地を売るには、売主負担で測量をして欲しい。これは不動産取引の慣例です。費用は先払いで42万円です。先ず仮契約を結びたいので、ご自宅にお伺いします。」と言われ、何分初めてのことで分らないことが多く、私に書類の確認のため立ち会って欲しいということでした。

確かに、売主の義務として測量をする必要があります。
でも、先払いじゃなきゃいけない訳ではありません。どうも不自然さが残ります。

そして昨日、依頼者、私、不動産業者担当者B(以下「B」といいます。)の3人で依頼者の自宅にて仮契約の話となりました。

まず最初にHが、買主と名乗る者の署名、押印がある「買付証明書」を提示しました。
買主は65歳の会社社長というのですが、筆跡がどうも子どもっぽい・・・。
押印は実印といいますが、印鑑証明書の提示がないので確かめようもありません。

買付け証明書の内容ですが、まず、【買付けの前提として、売主の費用負担による工事を行う】とあります。
私「工事じゃなくて測量じゃないんですか?」
B「工事と書いているだけで測量のことです。」
私の内心『じゃぁ、最初から測量って書けばいいじゃん。工事ってわざわざ書く必要ないじゃん。』

次に、【工事完了後、売買代金について協議することができる。】
依頼者「金額が変わるなんて困ります。」
B「あくまでも形式的に書いているだけで、実際に金額が変わることは殆どありません。」
私の内心『形式的なんだったら、簡単に削除できるでしょ。わざわざ書く必要ないじゃん。しかも、売買代金そのものを協議ってアバウトすぎて、契約自体が成立しなくなるでしょうが。』

更に、【買主都合で契約が解除された場合は、売主の工事に要した費用と、売買代金の15パーセントを違約金として支払います】
私「書面に書いているだけです。実際にその時にお金が支払われるかどうか不明です。」
B「・・・・」
私の内心『えらい気前がいいなぁ。しかも測量代まで負担するなんてわざわざ書くかぁ?』

Bは、売主用の売却証明書を用意していました。書いている内容は、買付証明書を売主から見た内容となっているのですが、ただ一つ、買付証明書と異なるところがありました。
それは、不動産業者の記名押印があった点です。
この意味は後々分かります。

B「売買の前に工事代は支払っていただきたい。工事が終わらないと契約ができません。」
私「測量代は払います。ですが、最低限、測量代を埋めるだけの手付金がないと契約できません。」
B「買主様は、測量が終わって、確実に不動産が買える状況じゃないとお金は出せないと言ってます。なので、手付金なしの現金一括払いでお支払いいたします。」
私「それじゃ、現金一括払いの時にお支払しますので、売買代金から、かかった測量代を引いていただいて結構です。」
B「工事は先払いじゃないと動けないんです。」
私「後払いじゃダメなんですか?こういった事例で後払いのケースっていっぱいありますよ。」
B「私どもがお願いしている現地の業者さんは、みんな先払いが慣例になっています。」
私の内心『おいおい、いつから測量が工事って言葉に変わっているんだ?会社社長ともあろう者が手付金も支払えないのか?しかも、測量代って調査士に言えば待ってくれるでしょ。お客様を最優先にすべきで、なぜ調査士を優先するんだ?なんで先払いにこだわるんだ?怪しい!』

私「測量代は支払ます。ですが手付金をいただくか、決済時に清算することが条件です。それ以外だとこの売買はできません。」

Bの顔つきが豹変。いままで正座していた足を崩してあぐら姿勢になりました。
「〇〇様が電話で売ってもいいって言ったから、わざわざ買付け証明書をいただいたのです。この話がなくなると買主に対する我が社の信用はどうなるのでしょうか?しかも東京からここまで交通費もかかっている訳ですし・・・」
私の内心『やっと本性見せたな。プロの不動産仲介業者だったら話をまとめようとするはずなのに、こいつは偽者。それにしても、ここは〇〇さんの自宅。何とか穏便に追い返さなきゃ。正体が分らない以上、万が一、暴れられたら取り押さえなきゃ。でもしまった!こっちは正座で足がしびれて動かない。。。いざとなったら上半身だけでタックルかなぁ。それにしても、あ痛たたたぁ!足がしびれて痛ーい!』

次回へつづく。


司法書士塩﨑事務所|登記、横浜地方法務局前、
みなさまに信頼される町の法律家を目指しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所

司法書士塩﨑事務所
横浜市中区本町6丁目52番地
本町アンバービル6階