• 無料ご相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

所長の部屋

2018年5月 8日 火曜日

お茶漬け

突然ですが、私はお茶漬けが大好きです。
食事の最後に少しだけごはんを残して、お茶漬けにします。
ご飯は少な目、お湯はたっぷり、わさびを落とすのがコツです。
サラサラ、アツアツ、最後にツーン。
これを20回くらい繰り返したら、お茶碗はカラッポ。
あ~満足。

さて、このお茶漬けの起源はどこにあるのでしょうか。
そもそも日本には水や白湯をご飯にかけて食する文化がありました。
その起源は平安時代や戦国時代に遡ります。
源氏物語でもその記述があります。
また、時代劇で織田信長が「湯漬けじゃぁ!」と叫んで、白湯をかけたご飯をかき込むシーンも多くありました。

現代のように、ご飯の保存ができず、冷めて硬くなったご飯を美味しくかつ衛生的に食するめには有効な手段であったそうです。
織田信長のような、生死について一刻を争う戦国武将の場合は、急いで食事を摂ることができる湯漬けが重宝されました。

江戸時代(元禄時代)になって、それまでの白湯や水に代わって、お茶をかける、現代のお茶漬けが登場します。
あらゆるところにお茶漬けの店が立ち並び、大変繁盛したそうです。
江戸時代は、主人に仕える奉公人が多く、少ない食事時間でも、サラサラと食べられるお茶漬けが多く出されます。
このときのおかずは漬物だけで、それも大量にお皿に盛られて出されるので、お茶漬けと漬物のペアもこのときに出来上がったそうです。

お茶漬けの歴史はとても深く長いものですね。

そのような歴史に思いを馳せつつ、
それでは今夜もいただきますhappy01



このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所

司法書士塩﨑事務所
横浜市中区本町6丁目52番地
本町アンバービル6階