• 無料ご相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

所長の部屋

2019年9月16日 月曜日

株券発行の定めとは

旧商法の会社においては、株券を発行することが原則でした。
そして平成16年の商法改正で、株券を発行しないことが例外として認められるようになりました。
それから時は流れ、会社法施行後では、株券を発行しないことが原則で、発行することが例外となっています。
原則と例外が逆転しています。

会社の登記においては、原則よりも例外を表示する必要があることから、
会社法施行前は、株券を発行しない場合だけ、その旨を登記するようになっており、
会社法施行後は、株券を発行する場合だけ、その旨を登記するようになっています。

ところで、会社法施行以前の中小企業において、定款で株券を発行すると定めても、実際は設立当初から株券を1枚も発行していない会社は多く存在します。
実際は株券を発行していなくても、登記上は株券を発行する会社として扱われるので、その会社の登記記録には(例外規定である)「株券を発行しない」とは表示されません。
そのような会社は、会社法施行後、例外なく自動的に(例外規定である)「株券を発行する」と登記されてしまいます。

話がややこしくなりましたが、
簡単に整理しますと、多くの古くからある会社は、株券を発行していないにもかかわらず、会社法施行後に、勝手に「株券を発行する」と登記されるということです。
これは、会社の登記の表示としては、現実とは異なる極めて問題のある表示と言えます。
当事務所に役員変更や目的変更等のご依頼があったときには、これも併せて確認し、必要があれば「株券を発行する」登記を削除するようにしています。

みなさんも、会社の登記記録をぜひ一度確認してみてください。



このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所

司法書士塩﨑事務所
横浜市中区本町6丁目52番地
本町アンバービル6階