• 無料ご相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

所長の部屋

2018年5月31日 木曜日

列車遅延の責任

karaoke海老名行きの列車が4分遅れております。これは、先ほど二俣川駅構内で発生したお客様同士のトラブル対応の影響によるものです。お客様には大変ご迷惑をおかけいたします。

今日の二俣川駅でのアナウンス。

最初は、「あぁ、ケンカしちゃったのね。」と思いながら聞いていましたが、
しばらくしてまた、同じアナウンス。
そして、また同じアナウンス。
そしてさらに、また同じアナウンス。
さすがに「駅員さん、相当怒っているなぁ・・・」と聞き耳を立てると、
海老名行きの列車が過ぎた後のアナウンスが、

karaoke大和行きの列車が4分遅れております。これは、先ほど二俣川駅構内で発生したお客様同士のトラブル対応の影響によるものです。お客様には大変ご迷惑をおかけいたします。

これには、駅員さんの執念を感じました。
やっぱりケンカはいけません。
駅でのケンカは大きな事故につながります。

ところで、このような場合、ケンカした当事者に対して、鉄道会社は列車を遅延させたことによる損害賠償を請求することができるのでしょうか。

世間でも話題になりましたが、線路内に入ったことにより列車が遅延する事故が発生した事件で、故人の遺族が鉄道会社より不法行為による損賠賠償請求を受けたものがあります。
この事件では、故人に責任能力がないことと、遺族に監督責任がなかったことから、損害賠償請求は認められませんでした(平成28年3月1日最高裁)
ただし、このような事情がなければ、遺族に損害賠償が認められていたと思われます。
ですので、列車遅延を引き起こした場合は、大きな賠償額を支払わなければならないこともあるということです。

駅員さんの繰り返しのアナウンスは、このような事態にならないための警告だったのですね。
納得しました。
マナーを守って、気持ちよく利用したいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所 | 記事URL

2018年5月19日 土曜日

意思表示の擬制

司法書士の仕事の中には、それなりに時間がかかるものがありますcoldsweats01
必要書類の取り寄せに順番があり、それらを一つ一つクリアしていかないと、次に進めないような場合です。

先日、根抵当権の抹消登記申請を行いました。
当然ですが抹消登記を行うには、前提として所有者の表示が現実と一致している必要があります。
今回は、所有者がすでに死亡しており、抹消登記より先に相続登記をしなければならないケースでしたsweat01
戸籍を取り寄せ、法定相続情報証明も取得し、相続登記を完了させ、本題の抹消登記に取り掛かろうとしたところ、今度は根抵当権者が行方不明coldsweats02

しかし、焦ることなかれ、今回の抹消登記は普通の方法ではなく、認諾調書や和解調書を使用して行うものでした。
そうなのです、根抵当権者が行方不明でも、認諾調書や和解調書において「抹消登記申請する」と記載されていれば、根抵当権者が行方不明でも抹消登記申請ができるのです。
これは、裁判所という厳粛で信用のある場所において、根抵当権者が抹消登記申請の意思表示をしていることから、抹消登記申請をする際に、登記所が改めて根抵当権者の抹消登記申請の意思を求める必要がないからです。これを登記申請における意思表示の擬制といいます(いわゆる判決による登記。和解調書や認諾調書は判決に準じて(同様に)扱われます。)。

ちなみに、判決による登記では送達証明書や単純執行文は不要です。登記記録を見れば、登記(執行)されているか否か直ぐに分かるからです。
口頭弁論終結後において登記権利者に相続などの承継が生じていた場合の承継執行文も不要です。相続証明書を添付すれば済むからです。

また、判決もそうですが、認諾調書と和解調書は正本が必要です。
正本を紛失した場合は、裁判所へ再交付の申請をする必要があります。
今回は、正本を紛失したケースでしたので、東京と横浜の各地方裁判所へ正本の交付申請を行いましたsweat01
なお、交付申請書には請書にも記名押印、収入印紙を貼付して申請します(1ページにつき150円)。

以上のように、今回は、抹消登記申請の前に、戸籍の取り寄せ、相続登記の申請並びに認諾調書及び和解調書の正本交付申請(実はこれに加えて条件成就執行分の交付申請をしました。)がありましたので、
やっぱり司法書士の仕事のなかでも、それなりに時間がかかったものとなりましたcoldsweats01

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所 | 記事URL

2018年5月 8日 火曜日

お茶漬け

突然ですが、私はお茶漬けが大好きです。
食事の最後に少しだけごはんを残して、お茶漬けにします。
ご飯は少な目、お湯はたっぷり、わさびを落とすのがコツです。
サラサラ、アツアツ、最後にツーン。
これを20回くらい繰り返したら、お茶碗はカラッポ。
あ~満足。

さて、このお茶漬けの起源はどこにあるのでしょうか。
そもそも日本には水や白湯をご飯にかけて食する文化がありました。
その起源は平安時代や戦国時代に遡ります。
源氏物語でもその記述があります。
また、時代劇で織田信長が「湯漬けじゃぁ!」と叫んで、白湯をかけたご飯をかき込むシーンも多くありました。

現代のように、ご飯の保存ができず、冷めて硬くなったご飯を美味しくかつ衛生的に食するめには有効な手段であったそうです。
織田信長のような、生死について一刻を争う戦国武将の場合は、急いで食事を摂ることができる湯漬けが重宝されました。

江戸時代(元禄時代)になって、それまでの白湯や水に代わって、お茶をかける、現代のお茶漬けが登場します。
あらゆるところにお茶漬けの店が立ち並び、大変繁盛したそうです。
江戸時代は、主人に仕える奉公人が多く、少ない食事時間でも、サラサラと食べられるお茶漬けが多く出されます。
このときのおかずは漬物だけで、それも大量にお皿に盛られて出されるので、お茶漬けと漬物のペアもこのときに出来上がったそうです。

お茶漬けの歴史はとても深く長いものですね。

そのような歴史に思いを馳せつつ、
それでは今夜もいただきますhappy01

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所 | 記事URL

2017年12月 9日 土曜日

相続時精算課税制度は本当に節税になるのか?

最近、少し疑問に思うことがあります。
それは「相続時精算課税制度が節税になるか」ということです。

相続時精算課税の制度とは、原則として60歳以上の父母又は祖父母から、20歳以上の子又は孫に対し、財産を贈与した場合において選択できる贈与税の制度で、この制度を選択すると2,500万円まで贈与税はかかりません。2,500万円を超えた分は、一律20パーセントの贈与税がかかります。
そして、贈与した方が亡くなったときに、これら生前に贈与した財産が相続財産として加算され相続税の対象となります。
このとき、支払った贈与税があれば、相続税より控除することができます。
簡単に述べると、生前贈与したすべての財産を相続財産として計算するという仕組みです。
これだけを読むと、同じ財産でも高い贈与税より安い相続税で課税される方が得なので、相続時精算課税制度は節税になると思ってしまいます。
しかし、ここで大きな問題があります。
それは一度この制度を選択すると、同じ人からの贈与では暦年課税を適用できなくなるということです。
暦年課税では、毎年110万円までの基礎控除があります。
毎年110万円までは無税で財産を贈与することができるということです。

そこで一つ考えてみてください。
相続税の基礎控除は3,000万円プラス600万円×法定相続人の数です。
相続人が一人だと3,600万円、二人だと4,200万円、三人だと4,800万円まで無税になります。
ところで、相続税の対策で最も重要なことはなんでしょうか。
それは、相続財産を減らすということです。
そうすると、生前贈与が非常に重要になることが分かります。
毎年コツコツ贈与して、相続財産を減らすことが、将来の相続税の節税につながります。
暦年贈与では毎年110万円まで無税で贈与できます。

これに対して相続時精算課税制度は一円も相続財産を減らすことはありません。
つまり、これは相続税の対策にはならないのです。

もちろん、将来、相続財産が基礎控除の範囲内に収まると分かる方には、早めに次世代に財産を渡せる意味で有意義なものとなります。
贈与税の節税になります。
でも、将来のことなんて分かるのでしょうか。
事業に成功したり、思いがけない財産を手に入れたりすることだってあります。
考えてしまいますね。

以上から私の結論は、
①将来の相続財産が基礎控除を超える方は、暦年課税制度で相続税の節税をすべき!
②将来の相続財産が基礎控除を超えない方で次世代に早めに財産を引き継ぎたい方は、相続時精算課税制度を利用して、贈与税を節約すべき!
③将来の相続財産が基礎控除を超えない方で次世代に早めに財産を引き継ぎたくない方は、何もしない!
です。

結局、相続時精算課税制度は、②のように若い世代の消費行動を狙った政府の景気対策であるのであって、国民の税負担を軽くする目的ではないことが分かります。
油断できないですねsweat01
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所 | 記事URL

2017年10月24日 火曜日

定額小為替の額面と枚数

先日、ある事件の登記の添付書類として必要なので、大阪市郵送事務処理センターへ戸籍及び住民票の写し等の請求をしました。
同封した定額小為替の内訳ですが、
750円を6枚(死亡時から出生までの分)、
450円を1枚(現在の戸籍)、
300円を1枚(住民票の写し)となります。

返送されてきたものは、
除籍謄本1部
戸籍謄本1部
住民票の写し1部
定額小為替 1000円が3枚??、750円が1枚

なぜ、1000円が3枚??
送った750円が4枚が1000円3枚に化けたのでした。
驚いてセンターへ電話。
「送った750円4枚を送り返してください。1000円3枚は返します。」
と、簡潔に述べました。

最初は(やはり)断られましたが、そこは私も黙っていられません。
定額小為替はお釣りのないように扱うことを定めた、地方自治法施行令第156条の趣旨を説明。すると直ちに応じてくれました。

定額小為替は、1枚100円の手数料が取られます。
たとえ額面50円の定額小為替でも100円の手数料です。
したがって、額面は枚数に関係する非常に大切な要素なのです。

センターへ電話した際におまけに一言いっちゃいました。
「750円の小為替4枚購入するのに400円の手数料がかかっているのに、1000円の小為替3枚だと300円の手数料ですよね。私が支払った100円は何処にい行くのですか?」
これは、私が聞かれても困ります。

それでもセンター方が、すぐに趣旨を理解していただいて、迅速な対応をされたので助かりました。
念の為、次回から、額面を変えずに同じ小為替を返送してほしいときは、付箋を付けるようにしようと思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所 | 記事URL

司法書士塩﨑事務所
横浜市中区本町6丁目52番地
本町アンバービル6階