• 無料ご相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

所長の部屋

2011年4月28日 木曜日

明日からゴールデンウィーク

明日から、ゴールデンウィークがはじまります。今年は、2日と6日を休みにすれば最大で10連休になります。
当事務所は、2日は休業とさせていただきます。

日本を元気にするためにも、多くの行楽地が賑わうことを願います。
そして、多くの笑顔が見れますように。

ドライバーのみなさん、くれぐれもお気をつけて安全運転で(ラジオ放送でよく聞くフレーズになってしまいました。)。

いずれにしても、お出かけのみなさん!お気をつけて!


司法書士塩﨑事務所|登記、横浜地方法務局前、
みなさまに信頼される町の法律家を目指しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所 | 記事URL

2011年4月26日 火曜日

地震による住宅ローン

地震により建物が倒壊した場合、現在支払い中の住宅ローンは無くなることはありません。
ですから、「これからどのようにして返済をしていくか」という問題となります。

金融機関によっては、支払いの猶予や期間の変更、低金利融資等の条件変更を行っているところもありますので、まずはご相談されることをお勧めします。

また、現在、住宅金融支援機構においては、被災者の為に、条件変更、低金利融資等を行っています。詳しくは次のアドレスをご覧ください。
http://www.jhf.go.jp/shinsai/index.html


条件変更ができない、または低金利融資等が受けられない場合は、法的整理(民事再生、破産他)で解決を図ることとなります。

まずは、ご相談されることが大切です。


司法書士塩﨑事務所|登記、横浜地方法務局前、
みなさまに信頼される町の法律家を目指しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所 | 記事URL

2011年4月22日 金曜日

年金の保険料の支払いができないとき

国民年金の保険料の支払いの通知が届く季節となりました。
将来、日本が潰れない限り支払われるものですから、納付はきちんとしておきたいものです。

もし、事情により、保険料が納めることが難しい場合は、保険料の免除等の手続ができる場合があります。
何らの手続もしない場合は、その期間は保険料の納付期間に足されないので、将来年金がもらえなくなる場合があるからです。

主な支払えない事情とは、
・障害基礎年金を受けている
・生活保護を受けている
・収入が一定以下である
・地震などの災害によって多くの損害を受けたとき
など

また、免除等を受けた期間は、その分、もらえる年金が少なくなりますが、過去10年に遡って納めることができます。通常は2年間しか遡れないので、大きな違いです。

ご不明な点は、お気軽にお問合せください。


司法書士塩﨑事務所|登記、横浜地方法務局前、
みなさまに信頼される町の法律家を目指しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所 | 記事URL

2011年4月15日 金曜日

日常生活の平穏

借金の返済が難しくなった時って、債権者からの連絡がドキッとします。
返済したいのは、当たり前なのですがそれができない。とてもうしろめたく辛い・・・。

本当に悩まれている方って大勢いるかと思います。

私たち専門家が間に入ることで、消費者金融会社からの連絡が来なくなる。
これって、とても大きいことなのだと思っています。

日常生活の平穏って、心が平穏という意味です。

今日も大勢の消費者金融の会社に受任通知を出しました。今日中に間に合わせようと思ってかなり慌てましたけど。
依頼者の方の日常生活の平穏の為に大切だと思います。
いつも初心は忘れないように。


司法書士塩﨑事務所|登記、横浜地方法務局前、
みなさまに信頼される町の法律家を目指しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所 | 記事URL

2011年4月13日 水曜日

専門家の仕事

過払金の請求は、とにかく時間がかかります。
相手の会社によりますが、早いところで、2ヶ月、遅いところで2年くらいかかります。

交渉事なので、こちらの事情だけで物事は決まりません。いくら急いでも、相手が協力しなければ物事は進みません。
強制執行もお金がかかります。例えば30万円の回収で、30万円の強制執行の費用がかかれば意味がありません。教科書に載っていることと、現場の事情とは天と地ほど違うのです。

机上の理論と現場の事情を、損得勘定で計算して、依頼者の得(プラス)になるような結論を目的とするのが私たち専門家の仕事だと思っています。


司法書士塩﨑事務所|登記、横浜地方法務局前、
みなさまに信頼される町の法律家を目指しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所 | 記事URL

司法書士塩﨑事務所
横浜市中区本町6丁目52番地
本町アンバービル6階