• 無料ご相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム
HOME > 会社・法人

会社・法人登記



 

会社・法人登記の重要性 

会社・法人は、人間と同じく、生まれ、成長し、いろいろな経験を積んでその姿を変え、時には死亡(解散等)することもあります。ただし、人間と異なり、その姿を目で見ることはできません。

そのような目で見えない相手と、金銭のやりとり等の取引をすることは、リスクが大きすぎて不可能と言えるでしょう。
その結果、経済活動は停滞し、やがては不景気に至ります。

そこで登記の出番です。登記は会社・法人の過去、現在の姿を目でハッキリと確認できるようにするためのもので、これがあることにより取引が可能となり、安心して経済活動を行うことができます。

つまり、会社・法人=登記なのです。


ところで、これだけ大切な登記ですが、もし間違えたり、適法にされていないと様々な損害が生じ、会社・法人の経済活動に悪影響を及ぼします。また、登記の背景にある会社や法人をめぐる法律は、言わば経済活動を支えるエンジンですから、その遵守を怠ると重いペナルティが課せられます。

そこで、国は登記の専門資格者として司法書士を用意しました。
司法書士は、登記を適法かつ迅速に行うために、法律及び実務に精通しており、最も安心してお任せできる国家資格者です。

当事務所では、登記のみの受託から、登記に至るまでに必要な法律手続に係る書類の相談、作成業務等(企業法務)の受託も行っております。



 

司法書士塩﨑事務所
横浜市中区本町6丁目52番地
本町アンバービル6階