• 無料ご相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム
HOME > 不動産登記

不動産登記

不動産登記とは

不動産に対する権利関係を記録した公の帳簿(情報)です。
そしてその情報を登記記録と呼びます。

不動産に対する権利には、
所有権、(根)抵当権、地上権、賃借権、その他の権利があります。
これらの権利は、登記しないと第三者に対抗するこができないと定められています。このことは、民法第177条で規定されています。

(民法第177条)
不動産に関する物権の得喪及び変更は、不動産登記法その他の登記に関する法律の定めるところに従いその登記をしなければ、第三者に対抗することができない。



この規定を分かりやすく言い換えれば「不動産について権利を主張する場合には、登記が必要ですよ。」ということになります。

権利を主張する場合とは、例えば「この建物は私の物です。」といった場合や、「この土地は私が差押えました。」「この土地建物は私が担保に取りました。」等という場合です。
これらの場合において登記が必要となるのです。

もし、例えば、2,000万円支払って住宅を購入しても、登記がなければ所有権を主張することができません。所有権の主張ができなければ、その住宅を他人に奪われる危険性があります。つまり2,000万円失う危険性があるということになってしまいます。

これだけで、登記の重要性がご理解いただけると思います。

また、登記が必要といっても、後回しにすることもできません。順番が非常に重要になってくるからです。
だからと言って慌てて登記をして、失敗してやり直しになることもあります。

不動産登記にとって重要なことは、速く、正確に行うこと。
この2点です。



司法書士ができること

不動産を購入する場合、売却
する場合、金融機関から融資を受ける場合、融資を完済した場合、賃貸した場合、そして相続が発生した場合等、その全てに登記が関係してきます。

司法書士は、権利関係(実体関係)を正確に把握、確認及び整理し、登記申請書(登記申請情報)にまとめ上げ、添付書類(添付情報)とともに法務局に提出(インターネット送信)します。



更に当事務所ができること

速く、正確に登記を行います。
(当事務所が最も大切にしている姿勢です。また、開業以来、当方のミスによる「取り下げ」や「却下」は一切ありません。)

登記が無事に完了するまでの全責任を負います。
(抵当権抹消登記から、相続登記、数億円の取引まで、多くの実績があります。)



当事務所はこれまで不動産登記の経験と実績を着実に積み重ねてきました。
これからも日々研鑽を積んで参ります。

どうぞお気軽にご相談下さい。

司法書士塩﨑事務所
横浜市中区本町6丁目52番地
本町アンバービル6階